※当店の「動物病院へ行こう」全メニューにつきましては、必ず飼い主様はワンちゃん、もしくは猫ちゃんを連れてきてください。

特にフィラリア予防薬は直接診療が行われなくては処方できません。

ワンちゃん、ネコちゃんの健康状態、体重変化、予防履歴、成長状態等、諸条件により、病院へ行こうオーダーの内容を獣医師の判断で変更する場合や追加でフィラリア検査を推奨する場合もございます。

これは、ワクチン接種やフィラリア予防薬を適切・安全に処方するためです。

その場合、差額のお支払いまたはご返金での対応となります。

狂犬病予防ワクチン 狂犬病は文字通り犬だけの病気と思われがちですが、人間を含むすべての哺乳類に感染します。

病原体(狂犬病ウィルス)は、狂犬病にかかっている動物の唾液に含まれ、その動物にかまれると発病します。

発病したら100%死亡するという恐ろしい病気です。

幸い、日本では1956年を最後に発生していませんが、海外では多くの発生例が未だ報告されていますし、日本にも色々な動物が輸入されているので、いつ発生するかも分かりません。

但し、予防注射さえきちんと打てば、予防できる病気です。

大切な愛犬のためにも忘れずに毎年受けましょう。

日本では飼い犬への年1回の狂犬病予防接種が狂犬病予防法により義務付けられています。

平成27年度分の接種:平成27年3月2日〜平成28年3月1日 平成28年度分の接種:平成28年3月2日〜平成29年3月1日 注射後の手続 ※受診時にお渡しした「狂犬病予防注射済証」をご持参の上、 お住まいの市町村役場にてお手続きお願い致します。

※鑑札・注射済票の交付はご自身にてお手続きお願い致します。

ワクチン接種後の注意事項について ワクチン接種後にぐったりしているなど、いつもと違う様子が見られたらすぐにご相談ください。

接種後2〜3日は安静を心がけ、激しい運動や入浴・シャンプーは控えましょう。

接種後容態が悪いときはすでに病気にかかっていた可能性がありますので診察を受けて下さい。

   狂犬病予防ワクチン接種

レビュー件数0
レビュー平均0.0
ショップ 本間アニマルメディカルサプライ
税込価格 2,160円

ワクチン 関連ツイート

前に行く前に。パンク